コース案内

初級 Scratch(スクラッチ)+自考学コース

Scratchは、MIT(マサチューセッツ工科大学)で開発された、
小学生が使うことのできる、教育用のプログラミング言語です。
Scratchは、ブロックを組み合わせていくことでプログラミングを
していく為、キーボードでの文字の入力が難しいお子様でも、
すぐに取り組んで頂けます。また、右脳教育を取り入れることにより、更なる可能性を広げます。

中級 Minecraft(マインクラフト)+自考学コース

小学生に大人気のMinecraft(通称マイクラ)の世界で、洞窟を掘る、建物を建てるなど、
ブロックを組み合わせ、楽しみながらプログラミングが学べます。

上級 HTML CSS Javascript C言語等

本格的な言語を、ゲームを作りながら楽しく学べます。
現役 システムエンジニアから学ぶことにより、社会で役立つ技術を身に着けます。
WEB開発や、WEBデザイナーなど様々な分野で活躍できる基礎を作ります。

幼児ロボットプログラミング
コース(4歳~)

小学校教材でも使用されている、アーテックブロックを組み立てて、ロボットを作ります。
簡単な組み立てですので、お子様にも楽しく組み立てて頂けます。
また、プログラミングとロボットを連動させ自分が作ったプログラミングでロボットが動くという、目に見える形で、プログラミングが学べます。
「考える」「生み出す」力が身に付きます。

料金表

★プログラミング教室+英会話教室

月4回 12,000円
月2回 8,500円

 

★プログラミング教室

月4回 8,000円
月2回 6,000円
*パソコンレンタル料 1,000円
(持ち込みの場合かかりません)

プログラミング教育とは

1日本におけるプログラミング教育

文部科学省は2020年から、小学校での「プログラミング教育の必修化」
を検討すると発表しました。
プログラミング教育が必修化されることによって、プログラミング教室のニーズがさらに高まることが予想されます。

2プログラミング教育の必修化の背景

プログラミング教育の必修化を推進する背景として、WebエンジニアをはじめとするIT人材の不足があります。
2020年に36万人、2030年には78万人のIT人材が不足する
と経済産業省が、調査結果を発表しています。

3子供に習わせたい習い事ランキング

子供に習わせたいランキング10位以内にランクインし、人気急上昇中です!必修化に伴い、ますますランキングが上昇していくことが予想されます。

4なぜプログラミングが必要なの?

「暗記記憶型から思考想像表現型の学びへ」
学びの変化により、今創造できる力をつけることが求められています

5プログラミングをするとどうなるの

一言で言うと、「将来の可能性が広がるから」ということです。

就職の幅が広がる

すべてのコンピューターの裏側では、必ずプログラムが動いています。
今流行りの、Aiや、自動車制御機能もその一つです。
コンピューターを使う職業は、英語を使う職業と比べものにならないほど、多いのです。WEBデザイナー(ホームページ等の作成)
WEBアプリ開発
ゲーム開発
プログラマー
システムエンジニア
自動車制御、家電全般
AIBOやASIMOなど、ロボットの制御もすべてプログラムです。

★論理的思考が身につく

筋道を立てて物事を考え、それをわかりやすく説明する力
論理的思考が身につくことで、ビジネスに必要なスキルである、
相手に自分の意見を納得させることができたり、わかりやすく、的を得た簡素な説明ができる力を身につけます。

★アイデアを形にする

アイデアを形にすることで想像力を養い、実現する力を身に着けます。
ただ、教えられたことをするだけでなく、自分で考え実現する方法を身に着けます。
可能性は無限大に広がります。